トラスト武蔵新城店 > お部屋探しの窓口 トラスト武蔵新城店のブログ記事一覧 > 賃貸マンションの角部屋に住む、そのメリットや注意点とは

賃貸マンションの角部屋に住む、そのメリットや注意点とは

≪ 前へ|本日更新情報より1R【SK Bldg I】詳細です!   記事一覧   本日更新情報より1K【エスパシオ・デ・センテレオ】詳細です!|次へ ≫

賃貸マンションの角部屋に住む、そのメリットや注意点とは

賃貸物件探しの条件として、ご希望いただくことが多い項目の1つに角部屋がございます。

現在、川崎市中原区の賃貸物件をお探しの方の中にも、角部屋をご希望されている方がいらっしゃるでしょう。

トラスト武蔵新城店でも、川崎市中原区にある角部屋の賃貸マンションやアパートを多数ご紹介しています。


角部屋のメリットといえば、隣り合うお部屋が1部屋しかないため、生活音の響きが小さくなるという点が挙げられますが、その他にも様々なメリットがあります。

そんな角部屋のメリットをご紹介しましょう。


メリット1 窓が多い


角部屋の1つ目のメリットは、窓が多いことです。

特に、ワンルームや1Kといった一人暮らし向けの賃貸マンションやアパートで、角部屋以外のお部屋の場合、窓がベランダにしか付いていないケースがほとんどです。

そのため、ベランダの向きによっては、室内に十分な光を採り入れにくくなるでしょう。

その点、角部屋はベランダ以外にも窓が付いているため、複数の方向から光を採り入れやすくなるのです。


また、窓が多いということは風通しもしやすいため、室内の換気にも効果的です。


メリット2 プライバシーを保ちやすい


角部屋の2つ目のメリットは、中部屋と比較するとプライバシーを保ちやすい点です。

冒頭でも述べたように、角部屋は隣のお部屋が1部屋しかないため、お隣さんの生活音が響きにくい傾向があります。

また、こちらが出す生活音もお隣さんに響きにくくなるため、例えばテレビの音や、電話をしている時の会話などが聞こえてしまう心配もありません。


もちろん、あまり大きな音を出すと当然響いてしまうので、その点には気を付けましょう。


角部屋に住む場合の防犯対策は?


採光性や通気性・プライバシー面でメリットの多い角部屋のお部屋ですが、防犯に関しては1つご注意いただきたい点があります。

それは、窓が多い分、外からの侵入経路が多いということ。

一人暮らしで空き巣に入られた事例を見ると、窓から侵入されて室内を物色されたり、金品を盗られたというケースも多く見られます。

「でも、ベランダ以外の窓は小さいし、格子も付いているから侵入されないでしょう」と安心される方もいらっしゃるかもしれませんが、その油断は禁物です。

 

そのため角部屋で一人暮らしをする場合は、窓の大小に関わらず、外から室内の様子が判りにくい遮光カーテンや窓に補助鍵を取り付けたりして、防犯対策を行いましょう。


まとめ


角部屋の賃貸マンションやアパートで一人暮らしをする際は、防犯対策をしっかり行った上で、プライバシーを保ちつつ快適な毎日を送れるように工夫を行いましょう。

川崎市中原区で角部屋の賃貸マンション・アパートをお探しの方は、トラスト武蔵新城店までご相談下さい。

≪ 前へ|本日更新情報より1R【SK Bldg I】詳細です!   記事一覧   本日更新情報より1K【エスパシオ・デ・センテレオ】詳細です!|次へ ≫
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • オーナー様へ
  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • ブログ
  • 会社概要

    会社概要
    お部屋探しの窓口 トラスト武蔵新城店
    • 〒211-0045
    • 神奈川県川崎市中原区上新城2丁目9-6
      石川ビル1F
    • TEL/044-753-1270
    • FAX/044-753-1271
    • 神奈川県知事 (2) 第29331号
  • スマホ
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

最新記事



トップへ戻る

来店予約